book

分かりやすいお金の話

投稿日:2017-01-22 更新日:

竹中平蔵×ホリエモンの対談本です。
近い将来に向けた日本と個人のお金の在り方について語っています。

内容のベースは”国や地方のお金の使い方”という点で、
「地方創生」「規制緩和」「既得権益者」という言葉が繰り返し登場します。
このあたりは読む前にある程度予備知識があったほうが楽しめそうですね。
(僕みたいに知識がないと話の大筋は分かるのですが、利益の流れがいまいちイメージできませんでした)

印象に残ったのは現代の日本人の考え方は「鎖国」時と近くなっている、というものです。
日本の常識は意外と他国では異常なこともあり、閉鎖的な考えは日本を衰退に向かわせます。

僕が好きなプロ野球も例に挙げられていますが、
確かに何十年も前から機構がほとんど変化しておらず、現場も見る側も保守的になっている感はあります。
規模の拡大も海外で成功しているスポーツリーグに比べるとだいぶ遅いようです。
島国ということも関係しているかもしれませんが、国力を高めるためには国民の意識の変革が必要なのかもしれませんね。

個人のお金の話では、お金をどういう形で持つのが安全かという話が興味深かったです。
多くの日本人はおそらく「日本円」を安全と思い貯めていますが、
資産の形態が多様になっている現代で考え無しに円にこだわっていると、思わぬ損をするかもしれません。
近年話題の仮想通貨「ビットコイン」に対するホリエモンの考えも書かれています。

巻末では竹中氏が資本所得の重要性に触れていますが、
世間では(特に日本では?)その対である労働所得こそ立派で堅実なものという風潮があります。

僕も資本所得については興味があり勉強中なのですが、
自分の時間と労働力を切り売りすることでしかお金を作れないのは勿体ないことだと感じました。

 

-book
-,

Copyright© Easy Time , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.