book

芸術的自由人

投稿日:

雑誌「ぴあ」に連載されていたトークエッセイを再構成したものです。

僕はこの人の漫才も面白くて好きですが、
勉強家な一面や芸術的感性の高さも凄いと思います。

この本も歯切れが良く読みやすい文章で、
太田光の頭の中で渦巻くあらゆる思想が表現されています。

「しごとのはなし」というタイトルですが、
タレントとしての仕事の話の他に、
これまでの人生で影響を受けた映画、小説、絵画のエピソードが続々と登場します。

俳優の細かい動作を観察して真似してみたり、
絵画一枚に涙して救われるなど、
人とは違う独特の観察眼で作品を見ていることが分かります。

売れる人間は感性が高いと言いますが、
この人はまさに感性の塊みたいな人だと思います。

テレビで見られる自由人な芸風とは違った一面がこの本で楽しめます。

 

-book
-

Copyright© Easy Time , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.