book

恐怖!日生学園

投稿日:2017-01-29 更新日:

1995年に「女性自身」で連載されていたエッセイをまとめた書籍です。
実に20年以上前に出版された書籍なので読む前の期待値は高くなかったのですが、
正直な感想を言うと、この本面白いです。

 

内容は仕事から家族のことまで多岐にわたるのですが、
僕が好きな話は何といっても過酷な高校時代の話です。

テレビでも散々とりあげられている題材ではありますが、
(あの坊主頭の写真だけで相当面白いですがw)
この本では割としっかりと当時の生々しい想い出が綴られています。
そしてそれを文字に起こしたときの破壊力はなかなかのものです。

「放課後、毎日、寮ごとにマラソン。毎日10キロ。
入学していきなり10キロは、気ぃ狂いそうになるで。
もう引きずり回されながら、後ろから蹴られながら走ってたから。」

「1年の俺らが悪いということを、3年は2年に言う。
2年は1回、3年にシバかれてから1年の俺らのところにくるわけやから。
もっとシャレにならん。」

高校時代の思い出だけで一冊書いて欲しいくらい僕は大好きですw

 

ダウンタウンの話ももちろんあります。

相方の松っちゃんのことを「金ヅル」と表現したりもしてますが、
相方への尊敬の念とか、ダウンタウンに対する思いを強く感じられる内容です。

漫才中は「ふたりでしゃべっているのが、よりおもろくなるためにツッコんでるだけ」というように、
二人が子供の頃から積み上げてきた自然な会話が、ほとんど完成形みたいなものだったのでしょうね。

本書締めの何気ない一言も、今改めて読むとぐっとくるものがあります。

 

この他息子との話、養成所時代の話、歌手や俳優としての活動話など、
数々のエピソードが当時の風景と共に浮かんでくるようで、満足の一冊でした。

 

-book
-,

Copyright© Easy Time , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.