book

伝説の経営理論がコミック化

投稿日:2017-02-12 更新日:

もともとはイスラエルの物理学者だった著者が
経営コンサルタントとして活躍した際に発表し、
全世界でベストセラーとなったマネジメント理論です。

日本で活用されると、貿易の不均衡が加速し世界経済が破滅するという著者の懸念から、
発表から17年後の2001年にようやく日本語の翻訳版が出版されました。(なんか凄いですね)
そのエッセンスをコンパクトに漫画化したのがこの本です。

 

主人公新城吾郎はとある大企業の工場所長で、
ある日本部長から3ヶ月以内に業績改善しないと工場を閉鎖すると言い渡されます。

困り果てる吾郎ですが、偶然空港で学生時代の恩師ジョナと再会し、
工場を立て直すためのアドバイスを請います。

ジョナの教えはこれまでの常識とはかけ離れたもので、
早急に結果が必要な吾郎はますます頭を悩ませます。

社員の生活がかかる重責、多忙による家族とのすれ違いといった苦労にも襲われますが、
仲間と助け合いジョナのアドバイスを解読し実行していくことで、
工場の業績は徐々に上向いていきます。

 

生産管理の知識も経験も無い自分ですが、
そんな僕でも理解できるぐらい分かりやすい内容です。

「お金を儲ける」という会社の目標を達成するために必要なことは何か、
見せかけの生産効率では測れない経営の真実が記されています。

この本の核であるTOC(制約)理論を身につけて現場に取り入れれば、
工場の業績に好影響を与えられるのではないかと思います。

管理職や生産に携わる方は読んでおいて間違いない良書です。

 

原作は読んだことが無いですが結構ボリュームがあるみたいなので、
コミック版のほうがおすすめですね。

 

-book
-

Copyright© Easy Time , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.